バイアグラのデメリットは副作用が強い?レビトラやシアリスは?

薬の入ったケースを手で示す男性のイラスト
それぞれが高い効果を持っていますが、バイアグラは世界初のED治療薬で作用が強いことから副作用が起こりやすいともいわれています。

しかしPDE5阻害薬と呼ばれるED治療薬全般、血管拡張作用をもっていて血流増加を促すため、動悸や頭痛・鼻づまりなどの諸症状を引き起こしやすいのです。

そのなかでもバイアグラは作用が強いことがデメリットとも言えますが、少量から飲むなどの工夫で調整できます。

同様にレビトラやシアリスといったED治療薬服用後にも、副作用は起こりやすいが作用の切れる頃には、治まっていることがほとんどでしょう。

基本的に副作用は同じような症状

成分や量の違いはありますが、勃起を促すための作用にそれほど違いがないので、バイアグラやレビトラ・シアリスなどED治療薬の副作用は基本的に同じような症状といえます。

ただし効果の発現や作用時間に違いがあることから、副作用が起こるタイミングなどは違うでしょう。

また薬の種類が違うときはもちろん、前回と同じ種類のED治療薬を飲む場合でも、その時の症状や体調によって効果・副作用にも違いがでる場合もあるので注意してください。

辛い症状は無理に我慢しないこと

ヘルプの文字が書かれたキーボードのボタン
ED治療薬の副作用は、効果が落ち着くと気にならなくなることがほとんどですが、稀に長時間続いたり悪化してしまう場合もあります。

頭痛程度であれば市販の頭痛薬(鎮痛剤)を併用しても問題はありません。

そして急激な視力の低下によって失明する恐れがあったり、痛みを伴う勃起持続症によって陰茎組織の損傷など後の性機能障害につながる可能性が高いので危険です。

これらの症状の疑いがある場合は、早急に専門医を受診してください。

副作用を理解する

バイアグラやレビトラ・シアリスなどのED治療薬を服用して、一般的に起こりやすい副作用についてはもちろんのこと、持続勃起症や視覚異常など重度の副作用についても知っておきましょう。

正しい飲み方をしていれば滅多に起こりませんが、確率はゼロではないので摂取後の体調には注意が必要です。

明らかな異常を感じた場合は、早めに病院を受診するなど対処しましょう。