バイアグラを飲むタイミング、レビトラやシアリスも同じ?

グラスに注がれている水が勢いよくあふれ出ている
ED治療薬で有名なバイアグラには、食事の影響を受けやすい特徴があることを知っていますか。

高い効果を持っているバイアグラですが、飲むタイミングを誤ってしまうと効果が半減したり副作用が強くあらわれる可能性があるのです。

またレビトラやシアリスも同じなのか、最大限の効果を得るための飲むタイミングについて確認しましょう。

バイアグラを飲むタイミングとは

セックスの1時間前に飲むことで、バイアグラは高い効果を発揮してくれます。そして摂取量は1日1回25mg~100mgが推奨されているのです。

ただし食事の前後に飲むと有効成分であるシルデナフィルの体内への吸収が遅れてしまって、効果が半減したり得られない可能性があります。

極力、影響を受けないようにするには、食事の30分前もしくは食後2時間以上経過してからバイアグラを飲むことです。

30分前に飲んでいれば食事までに成分は吸収されていて、食後2時間以上経てば食べ物の分解がすすんでいるため有効成分の吸収には影響しにくいと考えられます。

ただし、この時の食事は油分の多いガッツリ料理ではいけません。
油分が少なくてあっさりした料理かつ、量も腹7分ぐらいに抑える必要があります。

そして1度飲んだ後は、次のバイアグラを飲むまで24時間以上の間隔を必ずあけるようにしてください。

レビトラを飲むタイミング

テーブルの上の砂時計
バイアグラより即効性のあるレビトラですが、服用から20分~45分程度で効果があらわれ始めるのでセックスの1時間前に飲むことで高い効果を得られるでしょう。

このときの摂取量は、1日1回5mg~20mgが推奨されています。
即効性があって食事の影響は受けにくいED薬ですが、空腹時の方が高い効果を得やすいことが分かっているのです。

そのため、レビトラは食事の20分~30分前もしくは食後2~3時間経過してから飲むと、有効成分の吸収には影響しにくいでしょう。

そしてこのときの食事はバイアグラ同様に軽めで済ませて、次に飲むまで24時間以上の間隔をあける必要があります。

シアリスを飲むタイミング

持続性があるシアリスは、バイアグラやレビトラに比べて効き始めるまでに1時間~4時間かかるため、セックスから3~4時間前の服用によって高い効果が得られるのです。

摂取量は1日1回10mg~20mgが推奨されていて、効き始めが遅いことから食事の影響は受けにくいですが、空腹時に飲んだ方が効果は高いでしょう。

食事の1時間前か食後2時間が経過してからシアリスを飲むことがおすすめで、バイアグラやレビトラ同様に軽めの食事で済ませてください。

そして1度服用した後は、10mgなら24時間以上・20mgなら36時間以上が経過してから次の服用をするようにしましょう。

飲むタイミングで効果が変わる

チェックサインに乗る人型の白いシルエット
バイアグラをはじめとするレビトラやシアリスなどのED薬は、飲むタイミングによって高い効果が得られるか半減してしまうか決まります。

最大限の効果を得るには、正しいタイミングで飲む必要があるのです。

また食事の影響は減らすことができますが、アルコールは少量なら問題無くても飲み過ぎると、十分な効果が得られなくなってしまいます。

さらには飲酒によって強い副作用があらわれやすくなったり、悪化させてしまう危険性もあるのでED薬服用時は、飲酒を避けるようにしましょう。

このように飲むタイミングや服用方法などによって、得られる効果も変わるので高い効果を持つバイアグラやレビトラ・シアリスを正しく利用してください。